サンクチュアリの想い

最新情報

★サンクチュアリの想い

・作り手の想いも一緒に

「安心・安全」という言葉が、世の中に氾濫しています。

安全という言葉は、何かと比較の対象でしか無く、絶対ということではありません。

極端にいえば、野菜も絶対に安全ということではありません。

しかし、その「安全」に近づいていける手段はあるはずです。

産地に出向き、情報交換をすることで、作り手の気持ちをも一緒に届けたい。

そんな心をいつまでも大切にしたいと考えています。

・人間の良識の価値観で

世の中が、常に動いているように、常に会社も変化していかなければいけません。

しかしながら、変えてはいけないこともあるはずです。

何事も常識で判断するのではなく、常に、人間としての良識で判断していき

妥協せず、そして協調していかなければいけないと考えてます。

・より環境を考えて

産業革命以降、地球は、ものすごいスピードで変化してきました。

確かに、便利になったし、人間はこの便利さからは、脱却できないかもしれません。

ただ、これ以上、環境を悪化させてはいけない。

微力ながら、少しづつ、地球に恩返しができればという心を次世代に残したい。。

★事業内容

・卸売販売事業

東京大田市場に拠点を構え、全国から荷物を集約し

野菜・果物にこだわったレストラン様、八百屋様にレモン1個単位からお届け致します。

産地直送の新鮮なオーガニック&ナチュラルな野菜・果物を提供しています。

現在都内中心に配送しております。お気軽にお問合せください。。

・直販事業~マルシェ&通販事業

【軒先八百屋】という出張マルシェを毎週土曜日に出店。

(夏場はお休み。晴天のみ開催)

その時季の旬な野菜・果物を揃え、毎週賑わっています。

築地本願寺前のカフェで開催中です!

・農業コンサルタント事業

有機農業の生産現場~販売を経験したスタッフが、新規就農の立上から、販売まで、軌道に乗るまでサポートします。

仕入れの取り組み

★仕入れの取り組み

・作りての想いも一緒に。

日本各地の農家さんと契約栽培を行い、取引しています。

これまでの農業の現場の経験を活かし、さまざまな、情報や技術なども生産者に提供し、より良い、農産物を生産できるように切磋琢磨して一緒になって取り組んでます。

生産者の栽培方法の情報だけではなく、想いやこだわりなども一緒に届けられるような、そんな八百屋でありたい。。。

★販売の取り組み

・いろんな提案のできる八百屋でありたい

レストラン様と小売店様とでは、おなじ野菜でも、大きさなどの規格が違ってくるのが当たり前です。

しかし、同じ規格で、野菜が育つわけではありません。

例えば、レストランで、スープを取る野菜は規格外でも良いかもしれない。

小売店で、ミニトマトを販売するときに、色んな色のトマトを入れたら売れるかもしれない。

農家で規格外のトマトが大量に生産されたら、ピューレを作ろうなどなど。。

生産の現場と販売の現場での橋渡しをすることが、八百屋の役割だと思っています。

・お客様から提案をされる八百屋でありたい

お客様の嗜好は、常に変化しています。

しかし、生産現場には届いていない。。。

週末には、取引先の軒先を借りての【軒先八百屋】マルシェを開催し、お客様からいろんなご提案の声をお聞きして、生産者にフィードバックし、より良い農作物の生産を目指しています。